生スピルリナの有益な効果

生スピルリナは、数十億年前からアフリカや中南米の湖に生息していたとされる単細胞微細藻類であり、一般的には深い緑色のイメージがある生スピルリナがフラミンゴの翼や体を美しいピンクに染め上げている事が確認されています。

あなたの知らないスーパーフードに関するお役立ちコンテンツ満載です。

生生スピルリナは、進化の過程でシアノバクテリアや様々な色の色素を有する藻を細胞内に取り込む共生を何億年と繰り返して来た事で生スピルリナのDNAの中に緑色以外の赤色や青色など様々な色のDNAが組み込まれています。

goo ニュース関連情報サイトです。

スピルリナは、人間の生命維持に必要なタンパク質や糖質、脂肪酸の三大栄養素にビタミンとミネラルを加えた5大栄養素を非常に豊富に含み、人間が体内に有する酵素では消化が不可能な細胞壁を持っていない為、服用後の生物学的利用能が非常に高い特徴があります。
フィコシアニンは、シミやソバカス、シワ、肌のハリなどの老化現象の一因とされる活性酸素に対して非常に強い抗酸化作用を示す一方で、体内に蓄積されてしまう有害物質や老廃物の排出を促すデトックス効果も期待出来ます。



生スピルリナに含まれるフェニルアラニンやトリプトファン、チロシンなどのアミノ酸は、脳内伝達物質ノルアドレナリンやアドレナリン、ドーパミンの生成量を増加させる効果や自律神経をコントロールする甲状腺ホルモンの分泌促進効果により基礎代謝をアップさせ、悪玉コレステロールの蓄積や動脈硬化、高脂血症などの生活習慣病の改善及び予防にも効果的です。