生スピルリナの効果がすごい

スピルリナとは、藻類の一種で、細胞内に核・ミトコンドリア・葉緑体・ゴルジ体などをもたないため、細菌類と同じ原核生物に分類されています。


ただ、形態は藻類に近く、形は毛様螺旋状で、明瞭な隔膜を有する多細胞から成り、青緑色をしています。

生スピルリナの情報を探すならこちらです。

スピルリナとは、ラテン語で螺旋という意味をもっています。


このスピルリナの成分のほとんどは、必須アミノ酸を含んだ良質なタンパク質で、抗酸化作用のあるビタミンB群やカロテンなどのミネラルも豊富となっています。
最近このスピルリナが注目を集めているのは、免疫力アップ、ダイエット効果、貧血の改善、疲れ目に効果などの効果があるからです。生スピルリナを飲み続けていると、抗酸化作用によって、体を酸化させなくすることができ、免疫力アップ効果が期待できます。

また、生スピルリナは、お腹の中で水分を含んで膨張するため、満腹感を得ることができ、食べ過ぎを防止することができます。その結果、ダイエット効果を得ることができます。

そのほかにも、生スピルリナは、ほうれん草の20倍以上の鉄分を含んでいるため、貧血を改善する効果もあります。

日本経済新聞の様々な情報を掲載しています。

スピルリナに含まれているタンパク質の1gあたりの吸収率は、牛肉の4倍だといわれ、耐熱性も高いことから、プロテインクイーンと呼ばれています。



もちろん、タンパク質以外にも、ビタミン類やクロロフィル、ガンマリノレン酸、ミネラル類、フィコシアニンなどの栄養価にも優れていますから、スーパーフードとなっています。